薬剤を使ってシロアリ対策をする~効果の持続期間が長い~

シロアリの種類によって加害力が異なる~木を食べる理由とは~ シロアリの種類によって加害力が異なる~木を食べる理由とは~

シロアリ対策で用いられる薬剤工法の特徴

作業員

住宅の中でシロアリを発見した時は、シロアリ駆除を行ないましょう。シロアリ駆除を行なうことによって、シロアリの被害を最小限に抑えられるのです。シロアリ駆除が完了したら、今度はちゃんとシロアリ対策をしましょう。

薬剤工法の持つ特徴

  • シロアリ用の薬剤を散布することで住宅への侵入を防ぎます
  • 即効性が非常に高いため、散布してからすぐに効果が発揮できます
  • 施工費用がリーズナブルなので、どのような住宅も手頃な値段でシロアリ対策を施すことが可能です

薬剤を散布した後に体調不良などが発生する可能性があります

シロアリ対策の一つとしてベイト工法があります。ベイト工法はシロアリに対して有効な薬剤です。シロアリはこのベイト剤を食べると死んでしまいます。ですが人間やペットなどがベイト剤を食べてもなんの悪影響ないことで知られているのです。しかし他の薬剤は必ずしも悪影響のないものとはいえません。使われる薬剤によっては人体に害を与え体調不良になる可能性もあるので、使用する薬剤を確認しておく必要があります。

住宅によっては壁や床に穴を開けなければなりません

ベイト工法では土にベイト剤を打ち込むだけでシロアリ対策をすることができます。ベイト工法は家を一切傷つけることもなく、高い駆除率を誇ります。しかし、従来のシロアリ対策では家の至るところに、小さな穴を空けて作業するものでした。

薬剤の効果は約5年程持続します

女性

シロアリ対策として使用される薬剤は、シロアリを寄せ付けない効果が非常に高いです。一度薬剤を設置すれば、長期間効果が持続するのです。ですから、長い間住宅をシロアリから守り続けることができるようになります。

定期的に薬剤散布を行なう必要があります

バリア工法は主に床下で使われるシロアリ対策の方法です。このバリア工法は、床下全体に薬剤を隙間なく設置することで、シロアリの侵入を防ぐことができます。持続期間は5年と長いのが特徴的といえるでしょう。持続期間があるので定期的にバリア工法を行なってもらう必要があります。

TOPボタン